お金が足りない。プロミスで借りるのはどうなのかな?

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですがその審査能力は優れたものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融プロミス業者の多くは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資をメインとする消費者金融の方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

消費者金融のプロミスのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融プロミスは貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されプロミスのキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融プロミスのものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のプロミスのキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、消費者金融プロミスのキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果もスピーディーで、プロミスの即日融資も可能ですからとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

参考:プロミス借りたらヤバい?お金借りるには【借りた私の口コミ】

消費者金融のプロミスのキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融プロミスでも敬遠されます。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内でプロミスのキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息を安くする一番有効な方法なのです。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融プロミスに借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

消費者金融のプロミスのキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

プロミスのカードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

現在の消費者金融プロミスには怖いイメージはないと思いますが、バブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますからかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

通常、消費者金融プロミスのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融のプロミスのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。