毛が薄いことに悩むというのは主に40代以降の男性?

2015年9月3日(木) 21:15

育毛剤は本当のところ効果を得ることができるのでしょうか?育毛剤には毛髪の発育をサポートする成分があります。
その成分が体質と相性が良ければ、薄毛が改善される場合もあるでしょう。
しかし、すぐに効果が期待できるものではありませんし、正しい使い方に従わなければ効果が得られない可能性もあります。育毛剤は男性専用のものじゃないのなんて考えていらっしゃる女性の方は認識の程度が低いと言わざるを得ません。少し前でしたら、毛が薄いことに悩むというのは主に40代以降の男性というイメージが大半でしたけれども、現時点では少し状況が異なっているのですよー!。
20代からの薄毛の悩みも増える傾向を示しており、今日日幅広い年代の女性の問題ともなっています。
育毛剤は適切な使用方法で使わないと、効果的ではないというのが一般的ですよー!。通常は、夜に髪を洗い、頭皮の汚れや古い角質を取った上で育毛剤を使うのが理想的でしょう。
湯船に浸かって全身の血行を良くすれば、育毛のためにも効果的ですし、良い睡眠を取ることができます。
男性ホルモンの一つであるテストステロンが作用すると、骨が頑丈になったり、筋肉が発達し、太いしっかりした髪や、濃い髭が生えてきたりもしますが、とある男性ホルモンが必要以上に分泌されるようになると、頭髪が抜けたり痩せたりして薄毛になり、それから、男性型脱毛症へと進んだりするのです。
そういう理由で、病院の薬や市販の育毛剤には、男性ホルモンの分泌を抑える作用を持つ成分が、加えらえれているものが多くあります。
男性を脱毛症へと誘う男性ホルモンというのは、テストステロンが変化してしまったDHT(ジヒドロテストステロン)といい、これが活発に働くと、薄毛から脱毛へと、速やかに進むであろうことが予測できるため、テストステロンからDHTを作り出してしまう酵素、5αリダクターゼの抑制が肝心な部分であるようです。

アーカイブ

カテゴリー

▲Pagetop